DJI Assistant 2ソフトウェアを使用してキャリブレーションを行うことができます。

DJI Assistant 2ソフトウェアを使用したキャリブレーション方法に対応する製品:DJI Mini 3 Pro、DJI Airシリーズ、Phantom 4シリーズ、Mavic 2、Mavic Pro、DJI FPV、DJI Avata

ビジョンキャリブレーションに非対応の製品:DJI Mavic 3 シリーズ、DJI Mini 4 Pro、DJI Air 3*

*製品は、ビジョンシステムに異常が発生している場合、DJI Flyアプリによって自動的にキャリブレーションが行われます。

 

DJI Assistant 2を使用したビジョンキャリブレーション

準備

1) [DJI公式サイト→DJIダウンロードセンター→ソフトウェア] に移動し、ご使用の機体モデルに適用されるDJI Assistant 2ソフトをインストールします。

2) 十分なバッテリー残量 (50%超) を確保します。

*Mavic 2シリーズの側面ビジョンシステムのキャリブレーション時は、アームを折りたたんでキャリブレーションする必要があります。また、ケーブル接続の切断によるキャリブレーションの失敗を防止するため、キャリブレーション中はケーブルとパソコンの接続にご注意ください。

 

作業手順

1) 機体の電源をオンにします (電源ボタンを1回押した後、再度約2秒間長押しします)。

2) 機体をUSBケーブルでパソコンに接続します。

3) DJI Assistant 2を起動します。

4) 左側の「キャリブレーション」をクリックしてチュートリアルを視聴し、「今すぐキャリブレーション」をクリックします。画面上の指示に従って、ビジョンキャリブレーションを開始します。

5) ビジョンキャリブレーションが完了したら、機体を再起動します。

ビジョンセンサーのキャリブレーションについては、次のチュートリアルビデオを参照してください。

 

DJIアプリを使用したビジョンキャリブレーション

アプリに「ビジョンシステムエラー」という警告がプロンプト表示される場合は、機体で自動的にキャリブレーションが行われるので、それ以降は操作の必要はありません。